Adobe MAX 2017:新しいCreative Cloudアプリケーション、次世代Lightroom、Senseiアップデート

0
190

Adobeは、クリエイティブミーティングであるAdobe MAX 2017を開催し、既存の製品の機能だけでなく、新しいアプリケーションを発表しました。今年、アドビシステムズ社は人工知能に多大な投資をしています。Adobe Senseiは、Adobe MAXで昨年発売されたクリエイティブツールを対象とした機械学習プラットフォームです。

Adobe X Dは昨年公開されたベータ版として最初にプレビューされ、ユーザーはモバイルアプリやウェブサイトを試作することができます。今回、アプリケーションは完全なCreative Cloudファミリに統合されています。次世代の使いやすい3DツールであるプロジェクトFelixは、Adobe Dimension CCとして改名され、Adobe Character Animator CCもベータ版からリリースされました。

おそらくAdobeからの最大の発表は、まったく新しいクラウド中心のフォトサービスであるLightroom CCです。 Lightroomは、特にAppleのプロフォトツールであるApertureが中止された後、何年も写真専門家の選択肢となっています。

Adobeの他の主要アプリケーションでも、ワークフローとパフォーマンスが大幅に向上しました。注目すべきは、Premiere CCとAfter Effects CCの両方が、バーチャルリアリティワークフローとグラフィックスのサポートを拡大した点です。

最後に、アドビはストックとタイプキットのツールを拡張しました。モーショングラフィックス用の新しいテンプレートとTypekitビジュアルサーチにより、ユーザーは提出された画像とフォントを一致させることができます。この技術は、サードパーティの開発者にも提供されます。アドビの最近の取り組みでは、クリエイティブなソフトウェアとコンテンツの両方をデザイナーに提供することで、Behaviorコミュニティメンバーに24/7インスピレーションを提供する新しいライブストリーミングチャンネル、AdobeLIVEの発売に合わせています。

新規および更新された写真プランを含むAdobe Creative Cloudのサブスクリプションプランは、月額9.99ドルから開始されます。