マイクロソフトは、最終的にWindows Phoneの終焉を認める

0
157

Windows Phoneは非常に長い間、スマートホン市場で苦戦をしてきました。市場シェアの1〜2%ポイント以上を達成するのにずっと苦労してきています。マイクロソフトは2015年にNokiaのハードウェア事業を担いできましたが、5月に市場を退いだ。ビル・ゲイツ氏も最近、Androidの携帯電話に切り替えたことを認めています。

同社はすべてを成し遂げたが、正式にそれが終わったことを認めている。そして今、マイクロソフトのモバイルビジネスの責任者、ジョー・ベルフィオーレ(Joe Belfiore)によって、ツイートされている。

もちろん、我々はプラットフォームをサポートし続けます。バグフィックス、セキュリティアップデートなどですが、新機能/ hwの構築は焦点ではありません。 🙁

Belfioreはまだ、「中止」という言葉を実際に使用することはできませんでしたが、ツイートは明らかにそれを意味しています。

ニューヨーク警察は、8月に36,000台のWindows Phoneを廃止し、iPhoneに置き換えたと発表した。