Googleフォト3.6、低解像度のコピーをアップロードしてビデオ共有を高速化

0
4

Googleフォトは、3月、最初に画像の軽量プレビューをアップロードすることで、接続性の低い領域でバックアップと共有する方法を促進しました。 Googleは、今回、同じ原則を動画に適用しています。

Android向けGoogleフォトバージョン3.6は今週初めに公開され、今日完成しました。更新されたPlayストアのリリースノートでは、この1つの機能についてのみ説明します。

より速いビデオ共有

低解像度のコピーをアップロードし、後で高解像度のバージョンに置き換えることで、Googleフォトで動画を共有するための待機時間を短縮しました。

バージョン2.11では、画像の「軽量プレビュー」をアップロードして、低帯域幅の地域のユーザーがGoogleフォトリンク経由で写真を共有するのを待つ必要がなくなりました。この機能は、2G接続でのバックアップを目的としたもので、フルバージョンはWi-Fiに一度アップロードされています。その後、それらの共有イメージは自動的にフルバージョンに更新されます。

ビデオ(特に4K解像度のビデオ)がまだほとんどの接続では大きすぎることを考えると、最初に「低解像度」のコピーをアップロードするという原則を引き継いだ。 Googleではこの初期バージョンの正確な解像度を指定していませんが、カジュアル表示にはおそらく適切です。

より高速な動画共有を利用するには、Googleフォトのバージョン3.6にアップデートしてください。 iOSクライアントはまだこの機能で更新されていません。