iOS11: AppleがWWDCで語らなかった、素晴らしい9つの機能

アップルのワールドワイドデベロッパーズカンファレンスの基調講演は、2時間以上で完了し、macOS、そのハードウェア、特にiOS 11で何が出るかのニュースがいっぱいでした。しかし、基調講演のステージで語られなかった素晴らしい機能がいつくかあります。

その9つの機能を紹介します。

 

タイプでもSiriが利用可能に

 Appleは最終的にデジタルアシスタントにとって最も要求される機能の1つを追加しようとしているようです。iOS 11のSiriにタイプすることができるようになります。これで周りに迷惑をかけず、Siriに話しかけることができます。

QRコードのサポート

Appleは今まで、QRコードのサポートを控えてきましたが、ついにiOS 11のネイティブカメラアプリで追加します。もうサードパーティのアプリを気にする必要はないかもしれません。

片手モード

最新のiOS 11は片手モードに対応しました。キーボードレイアウトを好きな側に寄せて、届きやすいサイズに変更して使えるようになります。

また、マップの「ワンタッチズーム」についても言及しています。これは、うまくいけば、Appleのマッピングアプリを少し使いやすくすることでしょう。

スクリーンレコーディング

ギャラクシー携帯電話でスクリーンレコーディング(GIF作成)がありますが、それを追随し、AppleはiOS 11にその機能を追加する準備が整っているようです。GIFをキャプチャして作成させることができます。

スクリーンショットとマークアップ

AppleがiOS 11デバイスでスクリーンショットしたものを簡単にマークアップするようになっているようです。スクリーンショットを撮った後にカメラロールに戻ってくるのではなく、すぐに画像を再トリミングしてマークアップすることができます。

再デザインされたPodcastアプリ

AppleはiOS 11でApp Store全体を再設計し、Podcastsアプリも見直すようです。

Safariタブの切り替え用の3Dタッチ

iPhoneでSafariを使用するたびに、タブの切り替えにアクセスする方法をホームボタンのダブルクリックを間違えがちですが、 iOS 11はそれを修正しようとしています。3D Touchでタブ間をスワップしやすくしています

その他の3Dタッチの統合

3D Touchといえば、ユーザーがハイライトされた単語やフレーズの定義や関連するWeb検索結果を素早く取得できるようにする、「ルックアップ」機能のショートカットとして機能します。 3D TouchはiMessageの統合も進めています。

SpotlightとSafariのフライト状況

iOS 11では、Spotlightウィジェットで行く場所のフライト情報などを取得し、表示可能にして検索可能にしています。