トヨタのCEO、「テスラ、彼らが生産しているものは、iPhoneに近いものだ」と語る

0
349

昨年末、トヨタは燃料電池の開発に長年取り組んできたが、ついに電気自動車の製造に大きな一歩を踏み出しました。彼らは最初の全電気自動車を建設するために新しい部門を設立し、さらに新チームを担当する豊田明夫CEOを迎えました。

今やトヨタはまだ日本の自動車メーカーの電気自動車戦略を刷新し、インスピレーションのためにテスラを見ているようです。

トヨタは、最近の自動車ニュースのインタビューで、自動車開発の考え方やテスラのようなスタートアップに近いものを模倣するために、新しい部門を立ち上げると説明しました。

エグゼクティブは言った:

「EVで働く方法を変えたい。たぶん電気自動車と呼ぶが、接続性を導入するだろう。テスラについて考える。テスラは車を生産しています。トヨタは車を生産しています。しかし、テスラが作り出していることは、iPhoneに近いものだ」

トヨタは特に、テスラの車両の接続性とアップグレード性のレベルを指しています。これは、単にソフトウェアの更新によって機能を追加できるということです。

最近、自動車メーカーは電気輸送の到来を加速させるテスラの使命に実際に乗り込んでいるようです。 CEOのElon Musk氏は、テスラが独自のEV生産を通じた移行を加速するだけでなく、他の自動車メーカーにも押し進めることを望んでいるとしばしば述べました。今週初めに、ボルボのCEOは、その意味でより多くの電気自動車の需要を創出するためにテスラに賞賛を与えた。

トヨタの電気自動車の取り組みについて、

"それは電気自動車、すべての車、それはヤリスまたは何でも、一度それが電化されると、加速はすべて同じです。私がEVを担当している理由は、私はこれらの車を商品にしたくないからです。車両の電化があっても、私はこれらの車に接頭辞「愛する」を付けることを望んでいます。

興味深いのは、トヨタが車を商品に変えていることと、電気自動車がその一部を使うことができるということです。

彼らはここでも戦略を取り仕切っていることは明らかであり、数カ月間しか取り組んでいないにもかかわらず、2020年までに最初の全電気自動車を市場に投入する予定です。